会員の小川真理子さんが分担執筆された『13歳からのレイチェル・カーソン』が出版されます

会員の小川さんが分担執筆された『13歳からのレイチェル・カーソン』が、かもがわ出版から5月25日に出版されます。 上遠恵子/監修 レイチェル・カーソン日本協会/編者 定価:1,760円(本体1,600円+税10%)

1960年代に環境問題を告発し、「沈黙の春」や「センス・オブ・ワンダー」などの著作で知られるアメリカの海洋生物学者・作家、レイチェル・カーソンの生涯や魅力、彼女の環境問題解決への思い、未来へのメッセージなどがまとめられています。

詳しくは、http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/sa/1161.htmlをご覧ください。

科学読物ピックアップ

イベント案内

  1. ツアーコンダクターのあまがえる君がトンボ池や空中散歩などい…
  2. オンライン例会の数回目になりますが、今回は、鈴木ま…
  3. 6月例会は、科学読物研究会の会員で日本地球惑星科学連合教育…

新着記事